インドの動物写真館~牛、犬、象、クジャクetc…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

牛、犬、猿、クジャク…

 

インドを旅していると、それだけでいろんな動物に出会います。

 

別に動物園とか、サファリパークとか、そういう場所に行かなくてもです。

 

普通に街中に溶け込んで、インドの人たちと一緒に生活している動物たちがたくさんいます。

 

 

今回は、そんなインドで見かけた動物たちを、写真と一緒にお届けしましょう。

 

きっとアナタも、動物に会いに、インドに行きたくなるハズ??

 

それではいってみましょう!

 

まずはインドと言えばこの動物☆

 

◇インドの牛たち~インド人の生活に溶け込んだ神様の使い

インドの牛

ハイ、牛!

 

これはデリーの安宿街、パハール・ガンジーで見かけた牛ですね。

インドの牛

こんな風に、普通に街中を牛が闊歩しています。

 

めっちゃ街の風景に溶け込んでますね☆( ‾▽‾)

インドの牛

人の集まるところに牛も多いようです。

 

残飯とかもあるし、エサが見つけやすいからかな?

インドの牛

ていうか、車が通るところに普通にいたりするので、たまにインド人にも邪魔扱いされてます。

インドの牛

なんか食ってますね。

 

たぶん荷台に残った野菜でも食べてるんでしょう。

インドの牛

こちらはインド最南端のカニャークマリというところで会った牛。

人がココナッツジュースを飲んだ後の、残ったココナッツを食べてます。

インドの牛

ちゃんと働いてる牛さんもいますね~。

荷台を引いてる。

えらいえらい。

インドの牛

こちらは飼い牛。

ミルクをとっているようです。

 

これはトラックで運ばれていく牛。

インドの牛

♪かわいそうな子牛~

売られてゆーくよー

 

と、『ドナドナ』がつい頭の中を流れてました( ‾▽‾)

 

どこかに運ばれていくんでしょうか。

インドの牛

まーでも大概は野良牛が多いっすね。

 

人々にたまに邪魔者にされながらも、それでもうまく共存して生きている。

 

それはインドで牛は、神様の使いでもあるからです。

 

破壊の神のシヴァ神の乗り物とされています。

名前はナンディー

聖なる牛です。

 

これまたインドの別の神サマ、クリシュナはもともと牛飼いだったので、

クリシュナと一緒にも牛はよく登場します。

こんな具合に。

 

そんなインドでは聖なる扱いの牛。

 

でもその図体からか、仕事や往来のジャマを結構するので、

人々からは邪険にはできないけど、まぁ、いるからしょうがない、みたいな感じでしょうか。

インドの牛

まーでもインドを旅すると牛はしょっちゅう出会いますね。

インドの牛

最初はなんなんだろう、この牛たち?

って思いましたもん。

 

日本だと牛と言えば、食用か、牛乳をとる用か、

あとは動物園とかにいるバッファローとかか、ですよね。

 

インドだと、別に食べるわけではない。

そもそもヒンドゥー教では牛は神の使いなので、牛肉は食べません。

 

かと言って、お乳をとるわけでもない。

 

もちろんミルク用の牛もインドにはいるでしょうが、

街中にいる牛はちょっとそれとは違いそう。

 

ただいる。

 

みたいな。

インドの牛

ただ往来に佇み、人々と生活を共にしている動物。

 

それがインドでの牛なのです。

 

車で走ってると、高速道路とかにも平気でいますからね。

牛 インド

そこらじゅうにいる牛。

 

あぁ、インドの牛。

牛 インド

なのでインドにいると、牛をこうやって写真に撮る機会も多い。

 

自分は牛に出会うと、半ば反射的にシャッターを切ってしまう、「牛を見かけると写真を撮ってしまう病」にかかってました。

牛 インド

牛と老婆。

 

このあとなぜか、奥にいるおばあちゃんにめっちゃ怒られました。

 

「何勝手に写真に撮ってんだよっ!」

 

みたいな感じで(^_^;)

 

 

あぁ、そんな牛たち。

 

神の使いであり、人々に崇め奉られる存在。

 

のはずなのに、ときには「シッシッ」とかやられたり、「どけー」と言って車にクラクション鳴らされたり。

 

ときにはそんな扱いも受けながら、でも憎めない、インド人の生活とともにある動物、牛!

 

でございました。

 

 

次はこれまた道端でよく見かける、インドの風景に自然と溶け込んだ動物です。

 

◇インドの犬~日中はひたすらお昼寝中

犬 インド

寝てますよー、インドの犬は。

日中はただひたすらに。

犬 インド

寝てます、寝てます。

 

ちなみにこれらの写真は5月のデリー。

日中は40℃を超える、インドとしてはもっとも暑い時期です。

デリー

インドの大都市、首都デリー。

照りつける日差しも強いですが、コンクリートに反射した日差しは熱に変わり、また暑い。

 

人もそうですが、犬にとってもなかなかしんどい季節です。

犬 インド

寝てますねぇ。

 

ていうか、日中起きている犬というのをほとんど見かけたことがない。

 

朝方とかはめっちゃ元気なんすけどね。

 

お昼どきなんて見かける犬はことごとく寝てます。

 

彼らなりの‟暑さ対策”なんでしょうか。

犬 インド

なのでこうやって壁にくっつくように寝たりしてる犬が多い。

 

少しでもひんやりしたところを選んでいるんでしょう。

犬 インド

これなんか可愛い寝かたするな~。

 

壁つめたーい、みたいにして涼んで寝ていらっしゃる。

犬 インド

建物の階段のところとか、少しでも涼しい場所を選んで寝てる。

犬 インド

ここは地下鉄の降り口のところなので、風が吹き込んで涼しい。

 

いいとこ選んで寝てますね。

犬 インド

ちょっ、邪魔なんですけどっ!

 

そんな人間の都合などおかまいなしに寝る犬☆

犬 インド

なまらジャマに、お店の真ん前で寝るヤツ。

 

ちなみにこの店…

マクドナルド インド デリー

マックです。

インド版マック。

 

インドでマックは高級レストラン。

 

一番安いベジバーガーで、安食堂のカレー定食が食べられてしまうお値段。

 

入口に警備員が立っていて、貧しい身なりの人は入れないという徹底ぶり。

 

 

さてそんなマックは置いといて、犬。

犬 インド

2匹ならんで寝てますねぇ。

 

あの階段に行きつくには、2つの超えねばならぬハードル(犬)がある。

犬 インド

この子はあんまり賢くないですね。

 

何かの下に潜ればちょっとは涼しいだろうと思っているのか。

 

でもそこ、あんま変わらへんぞ。

犬 インド

これはデリーとは違うところ、ナイニータールという日本で言えば軽井沢のような、インドの避暑地。

 

比較的涼しいにもかかわらず、やっぱり寝てます。

 

黒い犬を枕にして寝てる犬が可愛い☆

 

 

涼しいところでも日中はやっぱり寝ているということは、これはインドの犬の習性なのかもしれませんね。

 

聞くところによると、山の方では犬は夜は虎とか豹とかに食べられる危険があるんだとか。

だから緊張感をもって、夜は起きているのかもしれません。

 

そのせいか、早朝犬に合うと、眠いのか、やたら気が立ってる犬が多いです。

 

すぐ吠えられるし、結構コワい。

 

 

その分、日中は安心して寝られる時間帯なのかもしれないですね。

 

特に人がいるところには、さすがの猛獣たちもそうそう下りては来ない。

 

だから犬くんたちは、日中街中で寝ているのかもしれません。

 

 

まーでも、デリーとか都会の犬は猛獣に襲われる心配はなさそうだから、やっぱ暑さ対策なんかなー。

 

あっつい昼間はなるべく寝てて、涼しい夜に行動する、みたいな。

 

暑い中走り回ってたらさらに暑いですもんね(^_^;)

 

 

てなわけでインド動物ナンバー2は犬!でした。

◇猿!~インドの神様ハヌマーンといえば

インドでよく見かける動物ナンバー3は猿でしょうか。

猿 インド

猿はヒンズー教の神話の中では、牛よりもさらに位が高い!

もう、そりゃあ神の使いどころか、神扱いですから。

 

なぜなら、インドで大人気の一大叙事詩『ラーマーヤナ』では、

主人公ラーマを助けて、大活躍するハヌマーンが出てくるからです。

ハヌマーン

このハヌマーン、インドでも人気の高い神様の一人である。

 

子どもたちの間でもヒーロー扱い。

 

日本で言えば、プロゴルファー猿ぐらい人気が高い猿です。(いや、もっとか)

 

 

『ラーマーヤナ』の物語とハヌマーンの活躍ぶりは、こちらの記事をご覧ください☆
ガネーシャ、シヴァ、カーリー~インドの神様人気ベスト10~

 

猿は特にガンジス河のふもとの街、ハリドワールでよく見かけましたね。

猿 インド

リシケシのヨガのアシュラムにもいました。

猿 インド

ハリドワールはインドの聖地の一つでもありますし、そういう場所に猿は集まりやすいのかもしれません。

 

 

猿と言えば、自分は猿に苦い思い出が…

 

インドに初めて行ったときのこと、

ヨガのコースを受けるために行ったヨガのアシュラム(ヒンズーの寺院)に猿が一匹いたんですね。

 

首輪をつけて、紐で繋がれていたので、アシュラムの飼い猿なのでしょう。

 

その猿に不用意に近づいてしまったのが運のツキ。

 

猿に噛まれてしまいました。

 

 

自分としては、ちょっと痛かったけど、それぐらい大丈夫かな、と思っていたら、

周りのインド人が、猿は病気を持っているかもしれないから病院に行った方がいいと言われ嫌々病院に。

 

2回も病院に行って注射を受けるハメになってしまいました。

 

 

あぁ、そんなインドの猿。

猿 インド

不用意に近づくのは危険でっせ。

 

さぁて、気を取り直して(?)、次はインドでも滅多にお目にかかれない美しい鳥です☆

 

◇クジャク!~インドを彩る美しき鳥

クジャク インド

クジャク!

 

これは街中とかにおいそれといる存在ではありませんね。

 

ただインドの高級ホテルとかの中庭にはクジャクを飼っているところもよくあると聞くので、

インドを旅する旅行者にとっては、比較的目にすることもある動物かもしれません。

 

 

とは言え、自分はそげな高級ホテルなんぞには泊まったこともありません。

 

自分がクジャクを見かけたのは、

ラマナ・マハルシさんのアシュラムを訪ねたときでした。

 

インドの東海岸沿いにあるチェンナイという都市から南、

ティルバナマライというところにあるアシュラムです。

アルナーチャラ

これはティルバナマライにある‟霊山”アルナーチャラ山。

 

 

ラマナ・マハルシは20世紀半ばに亡くなられた聖者さんですね。

 

若き日に‟真我を実現”してからは、そのアルナーチャラ山を望むアシュラムにずっと滞在されていたそうな。

ラマナ・マハルシ アシュラム

こんなとこ。

 

とってもいいとこでしたよ。

 

さすが聖者のおわしましたところ、とってもエネルギーがいい。

 

この敷地の外はインドっぽい喧噪があるのですが、一歩アシュラムに入ると一気に別世界に。

 

とっても気の済んだ、落ち着いた気持ちのいい場所になるから不思議なもんです。

 

 

そこにクジャクがいました。

クジャク インド

普通にアシュラムの敷地内に生息している。

 

アシュラムの中だからこそ生きられるかもしれないですね。

クジャク インド

これはフリー写真から引っ張ってきたものですが、羽を広げると荘厳ですね。

さすがクジャク。

 

マハルシさんのアシュラムには、これまた別のクジャクもいてですね、

コレ。

クジャク インド

ホワイト・クジャク。

白孔雀。

 

これはこれでキレイですね。

聖者のアシュラムの雰囲気にピッタリの鳥です。

クジャク インド

ただ、このクジャク、鳴くと結構うるさい。

 

「ケーン、ケーン」みたいな感じで、

ときにけたたましく鳴き立てる。

 

 

そんなうるさいけど、美しき鳥、クジャクさんでした☆

 

ラマナ・アシュラムに行ってきた体験談はこちらから☆
ラマナマハルシのアシュラムに行ってきた☆

 

◇象!~インドで人気のあの神様も

象 インド

インドの動物と言えばを思い出す人も多いんじゃないかと思います。

 

インドゾウっていう種がいるぐらいですもんね。

 

ただ、牛や犬などと違って、象は普通の街中ではほとんど見かけません。

観光地とか、寺院とか、特別な場所で見かけるイメージですね。

 

たまに車で走ってたりして見かけることもありますが。

 

だいたいは象タクシーとか、観光の売り物として使われている象が多いですね。

象 インド

自分が象をまともに見たのは、南インドのミーナクシー寺院というお寺の中でした。

ミーナクシー寺院 塔門

こげな派手で立派な塔門に囲まれた寺院なんですが、

そこの中に足を踏み入れると…

象 インド

象が出迎えてくれました。

 

ゾウ~。

 

とっても荘厳な雰囲気の寺院で、その雰囲気にまた象がマッチングしてましたね。

 

 

ていうかインドゾウって、絶滅危惧種なんですね。

 

数も少なければ、大事にもされている。

 

 

そう、インドで象と言えば、この方がいらっしゃる!

ガネーシャ インド

ガネーシャ~。

 

顔だけ象の神サマです。

 

なぜ、半人半象の神サマが誕生したのか?

ガネーシャ誕生秘話はこちらをご参照ください。
ガネーシャ、シヴァ、カーリー~インドの神様人気ベスト10!〜

 

 

というわけで、象さんもインドでは人気の動物ですね。

象 インド

 

さて、だいたいメインどころの動物は紹介しました。

その他の、インドで見かけた動物たちをご紹介しましょう。

 

あまりインドというイメージにはない動物もいるかもしれません。

 

◇その他の動物たち~馬、ヤギ、鳩?

インドを旅していて、よく見かける動物ベスト3は牛、犬、猿でした。

 

その他、行くところに行けば出会える動物として、クジャクと象をご紹介しました。

 

その他、インドで私が実際目にした動物たちもご紹介致しましょう☆

 

〇馬(ポニー)

馬 インド ヒマラヤ

馬もまぁまぁ、いると言えばいますね。

 

これはヒマラヤの高地、ガンジス河の源流に近い場所で撮った馬ちゃんです。

 

 

ガンジスの源流、ゴームクには車で行けないので、だいたいは徒歩で行きます。

ゴームク トレッキング 山道

こんな道を通って、えんえんと20㎞近く歩いて行くのですが、

中には足が悪かったりして、歩いて行けない人もいる。

 

そんな人は馬に乗って行くんですね。

ポニー インド

こんなポニーも大活躍。

人を乗せたり、荷物を運んだり。

 

インドの馬ちゃん、頑張ってます☆

 

〇ヤギ

ヤギ インド

北インドではほとんど牛ばっかりでしたが、

南インドではヤギさんも見かけました。

 

ここはマハーバリプラムという、世界遺産のお寺がある街ですね。

牛 ヤギ インド

こんなして牛と一緒に昼寝してる姿が多かったです。

 

誰かに飼われている雰囲気でもなかったし、野良ヤギなんでしょうか。

 

〇鳩

鳩 インド

インド最大の都市ムンバイの海岸には、こんなして大量の鳩がいました。

 

なんでしょう、囲いがしてあるということは、餌も撒いて、ある程度ここに集めてるんでしょうか。

鳩 インド

海岸に舞い上がる鳩たち。

 

ちょっと内陸の方に入っても、鳩の大群が。

鳩 インド

うわー、鳩、鳩、鳩×数百!

 

なかなか日本でもここまでの数の鳩は見かけないですよね。

鳩 ムンバイ インド

これすごいっすよ。

 

よく見ると、木に鳩が大量にとまっている。

 

遠くから見ると、そういう木みたいに見える。

 

 

日本で鳩は平和のシンボルと言われますが、

インドでもある程度そういう意味があるようですね。

 

だからあえて囲いを作って餌をあげてるんでしょう。

 

この鳩の木の近くにはインドの英雄、ガンジーさんの記念館がありました。

ガンジー記念館 ムンバイ

ガンジーと言えば、インドの独立と平和を勝ち取った英雄。

 

そんなインドの平和の意味もあるのかもしれません。

 

〇その他の動物

あとは、写真には特にありませんが、ハリドワールの街中でが汚水をすすっているのを見かけたことがあります。

 

まさか食べるわけでもないだろうし、野良豚なんだろうか?と思いました。

 

街中に豚がいるのは結構びっくりしましたね。

 

 

はインドでは少ないですが、たまに見かけることがあります。

 

ネズミは普通に建物に住みついてますけどね。

 

 

ガチョウが人の家の庭にいるのを見かけたこともあります。

ガチョウ インド

ガーガー。

 

オラ、ガチョウ。

 

何用に飼ってるんだろ?

卵かな?

 

 

あとはデカン高原のサファリパークとかではベンガルトラが見られるそうですね。

自分は行ったことはないですが。

ホワイトタイガー ベンガルトラ インド

これはベンガルトラの亜種、ホワイトタイガー。

かっくいーっすね~。

 

 

とまぁ、そんなとこでしょうか。

 

 

最後にインドで見かける動物まとめです。

 

◇まとめ

・インドの街中で見かける動物で多いのは牛と犬!次いで猿。

・インドで牛は神の使い。

・猿と象もインドの神様になっている。

・場所によってはクジャクを見ることもできる。

・他にも馬とかヤギとか鳩とかがいるよ。

日本でも、野良犬やら野良猫やら、

あとは山の方に行けば、タヌキやら鹿やら猪やらがいたりしますよね。

 

最近は野良犬や野良猫はすぐに保健所さんが連れていってしまうので、ほとんど見かけなくなりましたね。

 

そもそも野生動物が街中にいるのは衛生上、安全上良くないとして、街中で動物を見る機会はほとんどなくなったと言っても良さそう。

 

インドでは、そんな動物たちが、人々の生活に溶け込みながら、ある意味当たり前の風景の一つとしているところが面白いです☆

 

特に自分はインドの街中に普通に牛がいるのが面白くて、牛と見れば写真を撮っていました( ‾▽‾)

 

 

そんな動物たちに出会うのも、インドを旅する魅力の一つにもなるかもしれませんね。

 

それでは☆

私KAJUのプロフィールはこちらです。

良かったらご覧ください!

プロフィール~私とヨガとヒマラヤと~

LINE会員も募集しています☆

 

登録してくれた方に、3大特典プレゼント!

 

①動画「ヨガが誇る☆4大実践法とは何か!?」

私KAJUが、インドはヒマラヤに何年も通い続けて教わってきたヨガの特に強力な実践法を、
4つに分けて解説致します。

 

②動画「ヨガや瞑想、全ての実践において有効な意識のキープ法☆」

深呼吸を使った、誰でもカンタンに“瞑想的な意識”状態になれる秘訣を伝授。
これをマスターすることで、日常生活におけるストレスや悩みもグンと減少します。

 

③音声「ヒマラヤ・マスター直伝!Wishing Tree(願いの木)の瞑想」

私が瞑想指導をしてきて、もっとも評判の良かった、
自分の魂の望みを意識して、それを叶えてゆく瞑想法です。

自分の望み、願いが実現するスピードが確実に速くなります!

 

以上の特典を、LINE友だち登録していただきいた方に、
3回に分けてお届けします。

登録直後には、早速①の動画が届きますよ☆

登録はこちらをクリックしてください☆↓
https://lin.ee/aqSBbQX


PDF
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*